日程表はこちらからダウンロードください。

 

 

特別講演

バイオフィルム形成メカニズムの理解と今後の展望

演者:金城雄樹(東京慈恵会医科大学細菌学講座、バイオフィルム研究センター)
座長:杉山 肇(神奈川リハビリテーション病院)

シンポジウム 1

整形外科感染対策における国際コンセンサス

座長:森井健司(杏林大学医学部整形外科学教室)
   石井朝夫(東京医科大学茨城医療センター整形外科)

SY1-1 「MSIS 国際コンセンサス改訂版の日本での活用法」
    演者:山田浩司(中野島整形外科)

SY1-2 「術前除菌のエビデンスと実際」
    演者:岩田栄一朗(市立奈良病院整形外科)

SY1-3「整形外科感染症とバイオフィルム」
    演者:崔 賢民(横浜市立大学整形外科)

SY1-4「人工関節周囲感染における抗菌薬の使用法―ICM2018 を中心に」
    演者:松下和彦(川崎市立多摩病院整形外科)

シンポジウム 2

SSI 予防のための抗菌薬治療の工夫

座長:湏藤啓広(三重大学大学院医学系研究科整形外科学)
   尾﨑敏文(岡山大学医学部整形外科学教室)

SY2-1「SSI 予防における薬物動態の理解が治療の工夫に繋がる」
    演者:浜田幸宏(東京女子医科大学病院薬剤部)

SY2-2「骨関節感染症に対する手術時の抗菌薬選択」
    演者:堀野哲也(東京慈恵会医科大学感染制御科)

SY2-3「組織移行性から考える周術期セファゾリン投与の有効性」
    演者:池田信介(北里大学整形外科)

SY2-4「人工関節周囲感染における抗菌薬選択とバイオマーカーにおける知見」
    演者:井上大輔(金沢大学附属病院整形外科)

シンポジウム 3

多職種連携の重要性の再確認

座長:大川 淳(東京医科歯科大学大学院整形外科学分野)
   佐藤公昭(久留米大学医学部整形外科学教室)

SY3-1周術期感染症対策におけるICT の役割
    演者:中澤 靖(東京慈恵会医科大学附属病院感染対策部)

SY3-2「多施設前向き脊椎手術SSI サーベイランスおよびSSI リスク因子の同定」
    演者:荻原 哲(埼玉医科大学総合医療センター整形外科)

SY3-3「デバイス関連サーベイランスの重要性と活用方法」
    演者:藤田 烈(国際医療福祉大学未来研究支援センター/研究管理室)

SY3-4「微生物検査室からの情報発信」
    演者:佐藤智明(国際医療福祉大学成田病院検査部)

パネルディスカッション 1

インプラント温存を目指した人工関節感染の手術治療

座長:伊藤 浩(旭川医科大学整形外科学講座)
   赤木將男(近畿大学医学部整形外科学教室)

PD1-1「骨に固着したセメントレスステムを温存してarticulating cement spacer を応用した人工股関節感染の治療」
    演者:羽山哲生(東京慈恵会医科大学整形外科)

PD1-2「インプラント温存を目指した人工関節感染治療における銀含有抗菌セメントレス人工股関節の位置づけ」
    演者:河野俊介(佐賀大学医学部人工関節学講座)

PD1-3「TKA急性深部感染に対し関節鏡視下デブリドマンと関節内高濃度抗菌薬投与でインプラントを温存できた症例の検討」
    演者:大野博史(関西医科大学整形外科)

PD1-4「初回人工膝関節全置換術後感染の治療成績」
    演者:森 律明(我汝会えにわ病院整形外科)

PD1-5「CLAP からの高濃度抗菌薬がもたらすDAIR」
    演者:圓尾明弘(製鉄記念広畑病院整形外科)

パネルディスカッション 2

バイオフィルムを撲滅するために

座長:金城雄樹(東京慈恵会医科大学細菌学講座)
   土屋弘行(金沢大学整形外科)

PD2-1「黄色ブドウ球菌のバイオフィルム形成および病原性における分泌タンパク質Eap と細胞壁アンカータンパク質SasG の機能に関する研究」
    演者:米本圭吾(東京慈恵会医科大学整形外科学講座)

PD2-2「インプラント感染が難治性となる病巣はどこに存在するのか:バイオフィルムを中心に」
    演者:西谷江平(京都大学大学院医学研究科整形外科)

PD2-3「MRSA が生体内で形成するplasma-biofilm とは」
    演者:山口哲央(東邦大学微生物・感染症学講座)

PD2-4「バイオフィルム形成に及ぼすバイオマテリアルの特性」
    演者:小関弘展(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科保健科学分野)

主題 1

多職種によるSSI 予防の取り組み

座長:井澤一隆(国立病院機構大阪刀根山医療センター)
   石橋恭之(弘前大学大学院医学研究科医科学専攻整形外科学講座)

1-1「当院における下肢人工関節に対するSSI 予防の取り組み」
  演者:平野和美(神奈川リハビリテーション病院診療管理部医療安全推進室・感染制御室)

1-2「骨関節感染症における原因菌検出のための工夫、臨床検査技師の立場から」
  演者:友山瑛人(横浜市立大学附属病院臨床検査部)

1-3「ICT/AST の薬剤師が取り組む支援策」
  演者:岡村秀行(神奈川リハビリテーション病院診療技術部薬剤科)

1-4「Team ICT で取り組むSSI 対策」
  演者:美島路恵(東京慈恵会医科大学附属病院感染対策部)

主題 2

手術部位感染の撲滅を目指して

座長:永島英樹(鳥取大学医学部医学科感覚運動医学講座整形外科学分野)
   瀬戸口啓夫(鹿児島赤十字病院第二整形外科)

2-1「THA 患者における鼻腔内保菌危険因子の検討」
  演者:戸野塚久紘(神奈川リハビリテーション病院整形外科)

2-2「脊椎手術部位感染の早期診断に役立つバイオマーカー」
  演者:岩田栄一朗(市立奈良病院整形外科)

2-3「手術部位感染の撲滅を目指して―THA 周囲感染に対する二期的再置換術の工夫―」
  演者:内山勝文(北里大学医学部医療安全・管理学研究部門)

2-4「人工股関節感染の早期診断~関節液中プレセプシンの有用性~」
  演者:今釜 崇(山口大学大学院医学系研究科整形外科)

主題 3

基礎の分野から整形外科感染を考える

座長:池内昌彦(高知大学医学部整形外科学教室)
   内尾祐司(島根大学医学部整形外科学教室)

3-1「先端バイオイメージングでバイオフィルムの謎に迫る」
  演者:杉本真也(東京慈恵会医科大学医学部 細菌学)

3-2「人工関節周囲感染症の診断におけるリアルタイムPCRを用いた診断法の有用性」
  演者:安部晃生(横浜市立大学整形外科)

3-3「整形外科バイオフィルム感染症診断のための次世代シーケンサーによる新規原因菌判別法」
  演者:植田成実(関西医科大学総合医療センター整形外科)

第362 回ICD 講習会

チーム医療と感染予防対策

座長:阿部 哲士(帝京大学医学部整形外科学講座)

「人工関節周囲感染症の診断におけるリアルタイムPCRを用いた診断法の有用性」
  演者:中澤 靖(東京慈恵会医科大学附属病院感染対策部)

「手指衛生の実態と遵守率改善戦略」
  演者:藤田 烈(国際医療福祉大学未来研究支援センター/研究管理室)

ランチョンセミナー 1

LS1「人工関節周囲感染重症例から学ぶ診断・予防の重要性」

演者:稲葉 裕(横浜市立大学整形外科)
座長:山本謙吾(東京医科大学整形外科)

共催:ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社

ランチョンセミナー 2

ロボティックアーム手術支援システムを用いた、人工関節手術の実際1、2

座長:斎藤充(東京慈恵会医科大学整形外科学講座)

LS2-1「ロボティックアーム手術支援システムを用いた、人工股関節全置換術の実際」
    演者:松原正明(日産厚生会玉川病院)

LS2-2「ロボティックアーム手術支援システムを用いた人工膝関節全置換術の実際」
    演者:柳澤克昭(日産厚生会玉川病院整形外科)

共催:日本ストライカー株式会社

イブニングセミナー

ES「人工関節周囲感染の診断・予防・治療:抗菌薬のエビデンスを中心に」

演者:塚田幸行(北水会記念病院整形外科)
座長:稲葉裕(横浜市立大学整形外科)

共催:ジンマー・バイオメット合同会社